おとなりの国韓国のソウルは、ホット!Hot! ほっと~3泊4日自由気ままな初めてのソウル~

皆さん こんにちは。
ヴィクトリーツアー田辺です。

今回は、ソウル特集!実は私、ぶらり散歩気分でソウルへ行ってきました。初めてのソウル3泊4日の旅。とても楽しく過ごしてきました!

皆さんはおとなりの国,韓国は、ソウルへ行ったことがありますか?

近場でなんとなく行きやすいお隣の国だけに、「いつでも行ける」的な感覚があって、行ったことがない方も多いのでは?

そんな初めての方でも、十分楽しめる・お手頃・自由・気ままな、お散歩気分の3泊4日ソウルの旅で「4大 エンジョイ・ポイント」をご報告します!
しかも、旅行費用の合計は???な、な、なんと!!!???

ポイント1)観光

韓国の首都ソウル。グルメとショッピングの街としても良く知られています。
とはいえ、知らない街を探検し、地元の人たちの暮らしを垣間見ることも、楽しみの一つです。

もちろん、ツアーで観光地へ行くことも楽しのですが、今回は自分たちだけで移動し、ぶらぶら探検してみました。

市バスや電車で移動すると車内や窓から見える外の景色がとても楽しく、地元の風景が目に飛び込んできます。

駅の構内から見えてくる景色は、どことなく都内の景色に似ています。建築物も割合、日本の建築物に良く似ている気がします。

街の中は、意外と日本語が通じ、現地の人たちに道を訊ねても親切に教えてくれました。日本に何となく似ている気はするけど、空気というか、雰囲気はやはり外国ですね。なんとなく違う。
本当に「おとなりの国」という感じです。

今回、観光スポットとして尋ねたのは、南山の展望台です。市バスや電車に乗り、ケーブルカーで展望台まで上がりました。

南山展望台から見るソウルの景色は素晴らしかったですね。地元では、デートスポットになっているそうです。
案の定、周りはカップルだらけでした。

ちなみに神奈川県にある「恋人たちの鍵」同様、ここでも恋人たちが、南京錠に名前を書いて金網に鍵をかけていくのが流行りだそうです。
みなさん、幸せになってくださいね~!

夕刻になると素敵な夜景と展望台にあるイタリアンなどの人気レストランにカップルがいっぱいだそうです。
都会的の素敵な夜景とロマンチックディナー。女性なら韓流ファンでなくとも“ヨンさま~”の気持ちになりそうかも…です。

また、この展望台からは、明洞(ミョンドン)が見渡せ、見晴らし最高です。

明洞(ミョンドン)は誰もが一度は必ず立ち寄るといわれる、もっとも大きな繁華街の一つ。日本で言うと、まるで渋谷と新宿歌舞伎町をたして2で割ったような感じでしょうか。

ホテル、ファッションビル、デパートや免税店とお買い物スポットとしても有名ですが、レストランやエステ、マッサージなど気なるところをしっかりと押さえてます。
何はともあれ、明洞(ミョンドン)に行けば、ショッピングにグルメ、癒し系など一ヶ所でまとめて楽しめるお薦めスポットです。

ポイント2)買い物

今回、買物はほとんどしませんでしたが、市場への探索は忘れません。

お土産に買ってきたのは、「あかスリのボディブラシ(?)」ブラシの部分があかスリになっているんです。
かゆい所にあかスリが届く感じです。値段は手ごろで200円か300円くらいでしたね。

化粧品の数はいっぱいあって、とても安い感じでした。

そのほか、今はワールドカップの影響で赤色のワールドカップ関連グッズが溢れてました。

そして、一番目についたのは食材です。

どこに言ってもあるわあるわ!コチジャン。キムチ。
コチジャンを樽ごと売っているお店なんて初めて見ました。
決して業者向けというわけではなさそうでした。唐辛子の山、山、山。町中が赤色に見えてきます。

中には、店先でごまを挽いてごま油を作っている油屋さんを発見。純粋なごまの油が、こんな風に作られるのかぁ~と、しばし見入ってしまいました。

ポイント3)グルメ

そしてお楽しみは、グルメ!

A級、B級様々なレストランによってご予算もお味も様々なのでしょうが、今回は食べるもの食べるものみんな赤かったように思います。(笑)

どれもこれもコチジャンの味付けだったのにはびっくりでした。

また、お総菜がズラッと気前よく一気に並ぶところも凄いなと感心しました。

色々なところで色々と食べてみました。

一番印象に残っているのは、屋台の焼肉ですね。

地元の人とも意気投合したりして。なんだか人に溶け込みやすい人情味溢れるというか、楽しく美味しい経験でした。

ところで、焼肉を食べる時って、皆さん何を飲みますか?日本人は、なにはともあれ、まずはビールから…というのが一般的ですよね。生ビールで焼肉モリモリ食べるなんていうのは、通常よく見られる風景だと思うのですが、ここでは皆さん、焼酎みたいです。

ビールは飲んでいないにしても、もっとマッコリを飲んでいるのかと思いきや、地元の人たちは焼肉の席に着くや否や、いきなり焼酎をぐいぐい飲んじゃうんです。

ポイント4)癒し系

そして今回一番楽しみにしていったのが、癒し系ポイント。癒し系と言っても我が家で選んだのは、日本でいう健康ランド的なビルまるごとサウナという感じのリラクゼーション施設「チムジルバン」です。

各フロアに異なるタイプのサウナや浴室のほか、希望によっては、マッサージやあかスリなど(別料金ですが)の部屋があります。

着替えは男女別のロッカールームで専用のサウナ着(貸出)に着替えます。

サウナは混浴になっていて、ご夫婦や家族、カップルで出かけても大丈夫。一緒に時間を過ごせるのが楽しいですね。

「チムジルバン」のサウナには木炭サウナ、黄土サウナ、麦飯石サウナなど、施設ごとに趣向を凝らした様々なサウナを各階で楽しめるんですね。色々あって驚きました。

もちろん談話室、広間、食堂、売店、マッサージ機、仮眠室ほか、施設によってはインターネットカフェやトレーニング室などもあるそうです。

サウナで温めた身体を冷房の利いた部屋で冷まして、しばらくするとまた違うサウナで温めて汗をかいたらお風呂に入る…の繰り返しなんですが、結構飽きないように各店工夫が凝らされています。

たまった疲れを汗と一緒に追い出したら、またグルメな時間が楽しみになります。

さて、合計金額は、How Much ハウマッチ?

今回、3泊4日の旅。

ぜ~んぶまとめて、旅行費用はいくら位だったでしょう???

航空券が、¥30,000- 

現地での滞在費はお土産を入れても¥50,000-程度でした。
【ホテルの宿泊費(3泊)で ¥10,500- (一部屋2人で利用¥21,000-)、現地での食事代が大体1回¥2,000-程度】

なんと!ぜ~んぶひっくるめても¥80,000-でとても楽しい韓国ソウルの旅でした。

ごちそうさまでした。

ソウル行き航空券の検索はこちら

このページトップへ